鳩被害は駆除業者に依頼して対策|ネズミやシロアリによる住宅被害

男性スタッフ
このエントリーをはてなブックマークに追加

イエネズミの種類と駆除

ネズミ

日本国内に存在する害獣というのは様々で、その中でも日本各地に生息し住宅に侵入して被害を発生させる害獣としてイエネズミと呼ばれるものが存在します。イエネズミと一概に言っても、その種類は幾つか存在します。イエネズミの種類として挙げられるのは、ドブネズミ・クマネズミ・ハツカネズミの三種です。それら三種野ネズミはそれぞれに異なった特徴を持っており、駆除方法も異なってきます。イエネズミは個人で行えるネズミ駆除方法でも撃退することはできますが、それは非常に骨の折れるものとなるでしょう。特に、ドブネズミに関しては獰猛な性格をしているので、個人でネズミ駆除を行った際には怪我をする恐れがあります。安全且つ確実にネズミ駆除を行いたいと考えるのであれば、ネズミ駆除業者に依頼すると良いでしょう。
住宅内で発生したネズミがドブネズミであった際には、その侵入経路は排水溝である場合が多いです。ドブネズミは泳ぎを得意とするため、下水で生活しています。そのため、排水溝から上がってくるのです。感染症や寄生虫病等も媒介しているので、住宅に侵入された時に発生する汚染被害は甚大なものとなるでしょう。ただ、殺鼠剤が効き易いといった特徴があるため、ネズミ駆除業者に依頼した際には殺鼠剤による駆除が行われます。クマネズミについては、ドブネズミと異なり泳ぐことはできません。その代りとして、クマネズミは壁を上るのが得意なのです。警戒心が強いため罠にも掛かりづらく、個体差がありますが殺鼠剤が効かないスーパーラットも存在します。そのため、クマネズミにおける個人でのネズミ駆除には限界がでてくるでしょう。ハツカネズミは自然と隣接する農村等に生息するネズミで、好奇心が強いために簡単に罠に掛かります。